170322サイドブレーキ1

170306リアキャリパー部
アルフェッタのサイドブレーキは、リアインボードブレーキキャリパー上部左右にあるカムを、1本のワイヤーで引き、リアブレーキを動作させる仕組み。右側はナットで固定され左側はカムに挟んであるだけの構造で引かれると連動する。
キャリパーは以前リビルド品に交換済みなのだが、カム部の動きが渋かったり、サイドブレーキワイヤーの動きが渋くなると、サイドブレーキをリリースする際に引っかかり、戻ろうとする力が一番弱い左カム部にかかりワイヤーがカムから脱臼したように外れてしまう。
ワイヤーが完全に外れるとサイドブレーキレバーがフリーになり、サイドブレーキがかかったままの状態になってしまう。これが発生するとその都度下に潜って手動でカムロックを解除し、ワイヤーをかけなおししなければならなかった。









170215サイドケーブル1
170215サイドケーブル3
170215サイドケーブル4
面倒くさいし安全上も精神衛生上も宜しくないので、サイドブレーキワイヤーを入手・交換。併せてサイドブレーキカム部の動きを良くするため注油。新品のワイヤーは手で引くとスコスコと気持ちよく作動する。取り付け後、何度かカム外れをチェックし動作OK。暫くはロックに注意を払いつつサイドブレーキを引くようにする。










170308サイドワイヤー(古)
外した古いワイヤーは手で引くとガサガサと、かなりの抵抗感あり。